細胞生物学

医学系

Professor 阪口政清

研究室の紹介

細胞生物学分野は日本の細胞培養研究において創生期から先導的役割を果たしてきました。現在は、これまでに培った細胞培養の経験と技術力を活かした細胞の解析に加え、分子の解析や動物の解析を統合して、独自に見出した重要分子群を中心に転移がんや神経変性疾患など完治困難な疾患のメカニズム解明と新しい有効な治療法の開発にアプローチしています。

Keywords

がん転移、炎症、がん微小環境、神経変性、ミトコンドリア恒常性、シグナル伝達

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 細胞生物学
阪口政清
E-mail:masa-s md.okayama-u.ac.jp