3つのポリシー

博士課程

1.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学院医歯薬学総合研究科は,医学・歯学・薬学の領域で,教育研究,先進的医療の中核拠点として,我が国および地域に貢献する融合型の医療系大学院です。博士課程では,国際社会において高く評価されると共に地域社会に広く活用される研究成果の創出を通じて,創造性豊かで自立した研究者,教育・研究・医療におけるリーダー的職業人を育成しています。大学教員,ならびに高度な専門知識と豊かな人間性に基づく倫理観を兼ね備えた医療そのため,次のような教養,専門性,情報力,行動力,自己実現力を身につけることを求めています。

  • 人間性に富む豊かな教養【教養】
    広い学識を習得し,学術的問題を見出すとともに,その問題解決に向けての論理的思考力・判断力・創造力を有し人間性や倫理観に裏打ちされた研究者としての豊かで国際的な教養を身につけている。
  • 目的につながる専門性【専門性】
    医学・歯学・薬学に関する幅広い高度な専門知識と技能,態度を身につけて社会に貢献できる。
  • 効果的に活用できる情報力【情報力】
    幅広い学術研究領域の情報を自ら収集・分析し,適切に発信できる。
  • 時代と社会をリードする行動力【行動力】
    グローバル化に対応した国際感覚を有し,自己の専門分野をもって社会をリードする行動ができる。
  • 生涯に亘る自己実現力【自己実現力】
    自己実現に向けて,生涯に亘り医学・歯学・薬学の発展に寄与する高い学習意欲を持ち,研鑽を積むことができる。

所定の単位を修得し,研究指導を受け,自ら学位論文を作成・発表して,学位審査を受け,最終試験に合格することが,博士(医学・歯学・薬学・学術)の学位授与の要件です。この過程を通して,人類の知の限界を僅かに拡げつつ,人間・社会・自然についての自らの視点と理解を理性に基づいて示す必要があります。学位審査については,公開の「学位申請の手引き」として学位論文の提出方法等を定め,学務委員会で選出される委員で構成される審査委員会を設置して,学位審査発表会を実施します。審査報告書に基づき教授会において学位授与について最終判定されます。

2.教育課程編成と実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

大学院医歯薬学総合研究科博士課程では,ディプロマ・ポリシーに掲げる卓越した人材を育成するため,地域から国際社会までに貢献する教育研究領域として,生体制御科学専攻,病態制御科学専攻,機能再生・再建科学専攻,および社会環境生命科学専攻の4専攻を設置しています。また,ディプロマ・ポリシーで定めた能力を円滑に獲得できるよう,指導教員は毎年度,学生と年間の研究計画を討議して研究指導計画を示します。これを指標として年間のリサーチワークを進めます。さらに,中間審査として研究基礎力審査を行う「課題研究」を含む授業科目の単位修得計30単位に加えて,最終審査として指導教員を除いた複数教員による学位審査を修了要件に定めています。各専門分野の特性に応じて,次のようにカリキュラムを編成しています。

  • 人間性に富む豊かな教養【教養】

    初年次より知的好奇心を惹起し,早期より研究マインドを育むため,共通コア科目として1・2年次に大学院レベルの教養教育科目「研究方法論基礎」「研究方法論応用」を設定しています。国際性涵養のため英語による授業シリーズMedical Science Seriesが含まれます。多様な学問領域に関心を持てるよう,学内外で開催される研究会及び講演会も研究方法論の授業とみなすこともあります。

  • 目的につながる専門性【専門性】

    本博士課程の専門領域は多岐にわたるため,複数のコースを設定しています。
    一般コースでは,専門科目により研究手法の取得と論文の作成を行います。また専門科目に副科目を置き,学際的な内容に対応できるようにしています。他機関と共同で設置された連携大学院科目を履修することも可能です。
    臨床専門医コース(医学系)では,高度な専門的臨床能力や全人的な視野を持った診療能力,国際的視野を持った臨床研究能力の所得を目的として,共通コア科目として1・2年次に「疫学」「医療統計学」「臨床研究・予防医学実践論」を履修します。副科目として選択プログラムや他機関に設置された連携大学院科目を履修することも可能です。
    臨床専門医コース(歯学系)では,高度な専門的臨床能力及び臨床研究を理解し実践できる能力を修得することを目的として,1・2年次に研究デザインワークショップをコア科目としています。専門医取得に連動した科目を専門科目として履修しますが,選択プログラムを副科目として履修することも可能です。
    がんプロフェッショナルコースでは,がんに特化した臨床研究方法の理解と実践,トランスレーショナルリサーチの実践ができる人材を育成すべく,メディカル,コメディカル共通のカリキュラム履修や,多職種によるチーム医療等を実施します。
    分子イメージング教育コースでは,生体分子イメージング技術に携わる研究者・大学教員・医療分野の高度専門職業人を養成する目的で,岡山大学大学院医歯薬学総合研究科と理化学研究所との連携大学院協定に基づいて,生体分子イメージング技術に関する基礎から臨床応用にわたる広範な講義や演習・実習を実施します。
    アカデミックGP養成コースでは,横断的・統合的な研究・教育能力を持つ医師を育成するために,基礎研究から臨床研究までの幅広い研究を行えるように科目設定がなされています。

  • 効果的に活用できる情報力【情報力】

    研究に必要な学術論文などの情報を収集・活用するための手法を身につけるため,1・2年次配当の教養教育科目「研究方法論基礎」に情報力についての授業を組み入れています。また情報発信能力も身につけるため,4年間を通して行われる実習・演習科目は研究成果の学会発表や論文発表も含んでいます。国際的な情報力の涵養のため,国際学会での成果発表を行う授業科目「グローバルプレゼンテーション」を設定しています。

  • 時代と社会をリードする行動力【行動力】

    専門科目として,各専門領域における最先端の研究を自らの手で行うとともに,その成果を能動的に研究発表することが求められます。さらに,研究が中間段階に達したところで共通コア科目「課題研究」として,分野が異なる教員や学生を対象に研究発表すること,最終的には学位論文として発表することも求められます。「課題研究」では,学生の所属する教育研究分野以外の分野の教員から助言を受けます。
    教員を目指す学生は,「医学教育実習」,「歯学教育実習」として特別聴講学生が参加する学部レベルの実習・演習授業で教育実習を行い,国際性とともに自ら計画を立て実施する行動力を身につけます。これらの授業により,時代と社会をリードする行動力を身につけます。

  • 生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

    研究と発表,ならびに論文作成の達成には,自らを振り返り,高い水準の欲求を自覚し,自己実現に向けた継続的な努力が必要です。これらを学生に求めつつ,社会人や留学生にも対応したカリキュラムを提供しています。

成績評価

共通コア科目では主に総括的評価,専門科目では主に形成的評価を行います。

その他

大学院医歯薬学総合研究科博士課程では,学務委員会を中心として,継続的な教育方法の改善に取り組んでいます。

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

大学院医歯薬学総合研究科博士課程では,次のような学生を求めています。

  • 医学・歯学・薬学領域の創造的研究,学際的研究,国際的研究を志す人
  • 高度先端医療,全人的医療を志す人
  • 医療系社会人として活躍しながら研究を志す人
  • 6年制の医学・歯学・薬学教育を受け医療資格を有する人,または関連領域の修士課程,博士前期課程の修了者として相応しい知識・技能・態度を習得している人

入学者選抜の基本方針

人間・社会・自然を理性的に理解するための視点は様々であり,多様な学生を確保するために6種の入学者選抜試験を実施しています。

  • 一般入試(第1回,第2回)
    筆記試験と口述試験を課しています。筆記試験では,医歯薬学分野の英語課題を用い,語学力のみならず,論理構造の理解力,日本語の表現力等を総合的に評価します。また,志望する教育研究分野の専門科目により,医歯薬学の専門性への理解力を評価します。専門科目の口述試験では,専門科目に関する知識,理解力やキャリアプランなどについて志望する研究分野の教員が評価します。
  • 進学者選考
    筆記試験と口述試験を課しています。筆記試験では,医歯薬学分野の英語課題を用い,語学力のみならず,論理構造の理解力,日本語の表現力等を総合的に評価します。専門科目の口述試験では,専門科目に関する知識,理解力やキャリアプランなどについて志望する研究分野の教員が評価します。
  • ARTプログラム特別入試
    筆記試験と口述試験を課しています。筆記試験では,医歯薬学分野の英語課題を用い,語学力のみならず,論理構造の理解力,日本語の表現力等を総合的に評価します。また,志望する教育研究分野の専門科目により,医歯薬学の専門性への理解力を評価します。専門科目の口述試験では,専門科目に関する知識,理解力やキャリアプランなどについて志望する研究分野の教員が評価します。
  • 外国人留学生特別入試
    面接試験,筆記試験と口述試験を課しています。面接試験では,受験時までに習得した専門性,キャリアプラン,就学の前提となる異文化適応状況と経済状況などについて,複数の教員が多面的に確認します。筆記試験では,英語課題または日本語課題から1カ国語を選択し,論理構造の理解力,解答の執筆能力等を総合的に評価します。専門科目の口述試験では,専門科目に関する知識,理解力やキャリアプランなどについて志望する研究分野の教員が評価します。
  • 外国人留学生海外特別入試
    書類審査,面接試験を総合して行います。面接試験では,受験時までに習得した専門科目に関する知識,理解力やキャリアプラン,就学の前提となる異文化適応状況と経済状況などについて,複数の教員が多面的に確認します。
  • O-NECUS修了者特別入試
    O-NECUSプログラムの成績(学力・意思・意欲),書類審査により,専門科目に関する知識,理解力やキャリアプラン,就学の前提となる異文化適応状況と経済状況などについて,志望する研究分野の教員が評価します。

博士課程コースワーク

博士課程コースワーク

修士課程 医歯科学専攻 医歯科学コース

1.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学院医歯薬学総合研究科は,医学・歯学・薬学の領域で,教育研究,先進的医療の中核拠点として,我が国および地域に貢献する融合型の医療系大学院です。

医歯科学専攻(修士課程) 医歯科学コースでは,学部で学んだ専門領域と本専攻で学ぶ医歯科学領域の複眼的視点で社会の課題を解決して自立・自己実現できる人材を養成します。例えば,保健・医療・福祉関連企業で研究・開発・生産管理・技術営業に従事する高度専門職業人,高度で知的な素養を持つ公務員や中等教育教員,研究者や学教員を目指す博士課程進学者などを大想定しています。
次の二要件を満たした者に,修士(医科学),修士(歯科学),または修士(学術)の学位が授与されます。

  • コースワークとリサーチワークにより教養,専門性,情報力,行動力を習得し,その学修成果を所定の単位として取得することが必要です。
  • リサーチワークの成果を学生自身が学位論文としてまとめ,公開の場で発表・討論することにより,自らの論理的思考力,研究遂行能力,説得力が所定の水準を満たしていることを能動的に示すことが必要です。

2.教育課程編成と実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学部で学んだ専門領域に加えて,円滑に医歯科学を学ぶことができるよう教育課程を編成しています。

  • コースワークでは,入学後早期に,1.大学院レベルの教養(キャリア支援特別講義を含む),2.人体の正常な構造と機能,3.病気の成り立ち,4.病気の診断と治療,5.人間集団と保健・医療・福祉について,順次講義科目で集中的に学びます。さらに,「人体解剖学実習」で学習内容を確認します。これらの学修により,医歯科学の教養を身に着け専門性を習得します。
  • リサーチワークは,研究の情報収集・計画立案・実施・記録を行う実習科目と,研究目的・方法・結果を論理的に発表・討論する演習科目で構成されています。併せて,国際学会での成果発表を推奨する授業科目を設定しています。これらの科目では,能動的な情報力,行動力,国際性を涵養します。また,年度毎に,指導教員は学生と年間の研究計画について討議し,研究指導計画を示します。これを指標として年間のリサーチワークを進めます。修士論文研究は,2年間を通じて,指導教授,教育研究分野のその他の教員及び専門性に応じて異分野の教員を含む複数指導体制の下で行われます。このリサーチワークを通して,批判的思考力や創造性,課題解決能力の醸成を図ります。
  • 講義科目では主に総括的評価,実習・演習科目では主に形成的評価を行います。
  • 医歯薬学総合研究科修士課程では,学務委員会を開催し,継続的な教育方法の改善に取り組んでいます。

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

複眼的視点を持つ高度人材を育成するため,文系・理系を含め学部の専門分野は問いません。

  • 出身学部の専門性に応じて,学士に相応しい知識・技能・態度を習得している学生を求めています。
  • 学部の専門性に加えて医歯科学を修めることで,ディプロマ・ポリシーが想定する高度人材として世に出る強い意思を有する学生を求めています。
  • 実学としての医歯科学を学び,自らの手で粘り強く先端研究を行って知識・技能・態度を総合的に習得する能力を持つ学生を求めています。
  • 知識・技能・態度の習得や自立・自己実現のため,周囲との信頼関係を醸成できる学生を求めています。
  • さらに,自立・自己実現には学際性や国際性が必須となった時代背景を理解し,実践できる学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

入学者選抜試験を毎年夏と冬の2回実施し,合格者は4月に入学します。

  • 日本人志願者等
    筆記試験と口述試験を課しています。筆記試験では,医歯科学分野の平易な英語課題により,語学力のみならず,学士レベルの教養,論理構造の理解力,日本語の表現力等を総合的に評価します。口述試験では,キャリアプランの具体性,志望度,学部で習得した専門性,人間的信頼性などについて志望分野の教員が口頭試問により評価します。
  • 外国人志願者等
    面接試験,筆記試験と口述試験を課しています。面接試験では,学部で習得した専門性,キャリアプラン,就学の前提となる異文化適応状況と経済状況などについて,複数の教員が多面的に確認します。筆記試験では,英語課題または日本語課題から1カ国語を選択し,論理構造の理解力,解答の執筆能力等を総合的に評価します。口述試験は,日本人志願者等の場合と同様に評価します。

修士課程 医歯科学専攻 公衆衛生学コース

1.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学院医歯薬学総合研究科は,医学・歯学・薬学の領域で,教育研究,先進的医療の中核拠点として,我が国および地域に貢献する融合型の医療系大学院です。

医歯科学専攻(修士課程)公衆衛生学コースでは,学部教育または社会人としての実務経験を通して培った専門性に加えて,実学としての公衆衛生学5分野を広く深く学修します。修了後は,リサーチマインドを有する保健・医療・福祉従事者,公務員,企業研究者などとして自立・自己実現するとともに,地域に貢献することを想定しています。

次の二要件を満たした者に,修士(公衆衛生学),または修士(学術)の学位が授与されます。

  • コースワークとリサーチワークにより教養,専門性,情報力,行動力を習得し,その学修成果を所定の単位として取得することが必要です。
  • リサーチワークの成果を学生自身が学位論文としてまとめ,公開の場で発表・討論することにより,自らの論理的思考力,研究遂行能力,説得力が所定の水準を満たしていることを能動的に示すことが必要です。

2.教育課程編成と実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学部または社会人としての実務経験を通して培った内容に加えて,円滑に公衆衛生学を学ぶことができるよう教育課程を編成しています。

  • コースワークでは,大学院レベルの教養教育科目として「医歯科学概論」や「社会医歯科学」を学び,その後,1年次に公衆衛生大学院の国際標準である疫学,生物統計学,環境保健学,社会科学・行動科学方法論,及び保健医療管理学の必須5分野を含む科目を履修します。これらの学修により,医歯科学の教養を身に着け公衆衛生学の専門性を習得すると同時に,1年次の学習を発展させ,2年次には修士論文研究を実施・完遂することを目指します。
  • リサーチワークは,研究の情報収集・計画立案・実施・記録を行い,その後自ら研究目的・方法・結果を論理的に発表・討論する演習科目で構成されています。併せて,国際学会での成果発表を推奨する授業科目を設定しています。これらの科目では,能動的な情報力,行動力,国際性を涵養します。また,年度毎に,指導教員は学生と年間の研究計画について討議し,研究指導計画を示します。これを指標として年間のリサーチワークを進めます。修士論文研究は,2年間を通じて,指導教授,教育研究分野のその他の教員及び専門性に応じて異分野の教員を含む複数指導体制の下で行われます。このリサーチワークを通して,批判的思考力や創造性,課題解決能力の醸成を図ります。
  • 講義科目では主に総括的評価,実習・演習科目では主に形成的評価を行います。
  • 医歯薬学総合研究科修士課程では,学務委員会を開催して継続的な教育方法の改善に取り組んでいます。

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

リサーチマインドを持って地域に貢献する保健・医療・福祉従事者を育成するため,原則として医療分野のバッググラウンドを持つ方を求めています。

  • 医療関連学部で習得した専門知識,また医療分野で実務経験を有する方を求めています。
  • さらに本修士課程で公衆衛生学を修めることで,ディプロマ・ポリシーが想定する高度人材として世に出る強い意思を有する学生を求めています。
  • 実学としての公衆衛生学を学び,自らの手で粘り強く先端研究を行って知識・技能・態度を総合的に習得する能力を持つ学生を求めています。
  • 知識・技能・態度の習得や自立・自己実現のため,周囲との信頼関係を醸成できる学生を求めています。
  • さらに,自立・自己実現には学際性や国際性が必須となった時代背景を理解し,実践できる学生を求めています。


入学者選抜の基本方針

入学者選抜試験を毎年夏と冬の2回実施し,合格者は4月に入学します。

  • 日本人志願者等
    筆記試験と口述試験を課しています。筆記試験では,医歯科学分野の平易な英語課題により,語学力のみならず,学士レベルの教養,論理構造の理解力,日本語の表現力等を総合的に評価します。口述試験では,キャリアプランの具体性,志望度,学部で習得した専門性,人間的信頼性などについて志望分野の教員が口頭試問により評価します。
  • 外国人志願者等面接試験,筆記試験と口述試験を課しています。面接試験では,学部で習得した専門性,キャリアプラン,就学の前提となる異文化適応状況と経済状況などについて,複数の教員が多面的に確認します。筆記試験では,英語課題または日本語課題から1カ国語を選択し,論理構造の理解力,解答の執筆能力等を総合的に評価します。口述試験は,日本人志願者等の場合と同様に評価します。

修士課程 医歯科学専攻 分子イメージング技術習得コース

1.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学院医歯薬学総合研究科は,医学・歯学・薬学の領域で,教育研究,先進的医療の中核拠点として,我が国および地域に貢献する融合型の医療系大学院です。医歯科学専攻(修士課程)分子イメージング技術習得コースでは,学部で学んだ専門領域と本専攻で学ぶ医歯科学領域の複眼的視点,殊に最先端の分子イメージング技術を駆使して社会や医療の課題を解決し自立・自己実現できる人材を養成します。例えば,製薬企業や医療機関の分子イメージング施設で活躍できる高度専門職業人,研究者や大学教員を目指す博士課程進学者などを想定しています。

次の二要件を満たした者に,修士(医科学),修士(歯科学),または修士(学術)の学位が授与されます。

  • コースワークとリサーチワークにより教養,分子イメージング技術を含む専門性,情報力,行動力を習得し,その学修成果を所定の単位として取得することが必要です。
  • リサーチワークの成果を学生自身が学位論文としてまとめ,公開の場で発表・討論することにより,自らの論理的思考力,研究遂行能力,説得力が所定の水準を満たしていることを能動的に示すことが必要です。

2.教育課程編成と実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学部で学んだ専門領域に加え,入学後は医歯科学の概論を学んだ後,核医学イメージング,光イメージング,磁気共鳴イメージングなど,「分子イメージング技術」についての専門的見識を深めます。これらの技術を用いた基礎から臨床への橋渡し研究,放射性医薬品の創薬研究,放射性物質の標識技術を含む薬剤製造などを実践体験できるよう教育課程を編成しています。

  • コースワークでは,入学後早期に,1.大学院レベルの教養(キャリア支援特別講義を含む),2.人体の正常な構造と機能,3.病気の成り立ち,4.病気の診断と治療,5.人間集団と保健・医療・福祉について,順次講義科目で集中的に学びます。さらに,「人体解剖学実習」で学習内容を確認します。1年次にこれらを学修することにより,医歯科学の教養を身に着け専門性を習得します。
  • リサーチワークでは,「分子イメージング科学実習」として,おかやまメディカルイノベーションセンターの最先端の設備・機器を利用して研究を行います。「分子イメージング科学演習」では,研究の進捗について発表するとともに,岡山大学教員に加え,国立研究開発法人理化学研究所生命機能科学研究センターの研究員,全国の分子イメージング研究拠点で活躍する研究者による “分子イメージングに関する特別講義”を履修することで,分子イメージング技術者に必要な最先端の知識を習得します。併せて,国際学会での成果発表を推奨する授業科目を設定しています。これらの科目では,当該研究領域における能動的な情報力,行動力,国際性を涵養します。また,年度毎に,指導教員は学生と年間の研究計画について討議し,研究指導計画を示します。これを指標として年間のリサーチワークを進めます。修士論文研究は,2年間を通じて,指導教授,教育研究分野のその他の教員及び専門性に応じて異分野の教員を含む複数指導体制の下で行われます。このリサーチワークを通して,批判的思考力や創造性,課題解決能力の醸成を図ります。
  • 講義科目では主に総括的評価,実習・演習科目では主に形成的評価を行います。
  • 医歯薬学総合研究科修士課程では,学務委員会を開催し,継続的な教育方法の改善に取り組んでいます。

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

複眼的視点を持つ高度人材を育成するため,文系・理系を含め学部の専門分野は問いません。

  • 出身学部の専門性に応じて,学士に相応しい知識・技能・態度を習得している学生を求めています。
  • 学部の専門性に加えて医歯科学を修めることで,ディプロマ・ポリシーが想定する高度人材として世に出る強い意思を有する学生を求めています。
  • 実学としての医歯科学を学び,自らの手で粘り強く先端研究を行って知識・技能・態度を総合的に習得する能力を持つ学生を求めています。
  • 知識・技能・態度の習得や自立・自己実現のため,周囲との信頼関係を醸成できる学生を求めています。
  • さらに,自立・自己実現には学際性や国際性が必須となった時代背景を理解し,実践できる学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

入学者選抜試験を毎年夏と冬の2回実施し,合格者は4月に入学します。

  • 日本人志願者等
    筆記試験と口述試験を課しています。筆記試験では,医歯科学分野の平易な英語課題により,語学力のみならず,学士レベルの教養,論理構造の理解力,日本語の表現力等を総合的に評価します。口述試験では,キャリアプランの具体性,志望度,学部で習得した専門性,人間的信頼性などについて志望分野の教員が口頭試問により評価します。
  • 外国人志願者等
    面接試験,筆記試験と口述試験を課しています。面接試験では,学部で習得した専門性,キャリアプラン,就学の前提となる異文化適応状況と経済状況などについて,複数の教員が多面的に確認します。筆記試験では,英語課題または日本語課題から1カ国語を選択し,論理構造の理解力,解答の執筆能力等を総合的に評価します。口述試験は,日本人志願者等の場合と同様に評価します。

修士課程コースワーク

修士課程コースワーク