修士課程

大学院医歯薬学総合研究科修士課程では,次のような学生を求めています。

複眼的視点を持つ高度人材を育成するため,文系・理系を含め学部の専門分野は問いません。

  • 出身学部の専門性に応じて,学士に相応しい知識・技能・態度を習得している学生
  • 学部の専門性に加えて医歯科学を修めることで,ディプロマ・ポリシーが想定する高度人材として世に出
    る強い意思を有する学生
  • 実学としての医歯科学を学び,自らの手で粘り強く先端研究を行って知識・技能・態度を総合的に習得す
    る能力を持つ学生
  • 知識・技能・態度の習得や自立・自己実現のため,周囲との信頼関係を醸成できる学生
  • さらに,自立・自己実現には学際性や国際性が必須となった時代背景を理解し,実践できる学生

本研究科の特⾊

  • 専門性に応じた複数のコース<医歯科学コース、公衆衛生学(MPH)コース、分子イメージング技術修得コース>から選択可。
  • 所定の条件が揃えば、1年または1年半での早期修了可。
  • 長期履修制度も充実。
  • 専攻分野・国籍・年齢等を問わず社会人を含む多様な大学院生が在籍。
  • キャリア支援制度が充実。進学を含む修了生の就職率は100%。