臨床薬物動態学

薬学系

Associate Professor 合葉哲也

研究室の紹介

私たち臨床薬物動態学研究室では、薬物療法の個別化ならびに最適化を目的に、薬物の有効性や安全性を左右する影響因子の同定とそれらが影響を及ぼすメカニズムの理解を、特に重篤症例における治療効果の変動や治療制限事象の発生抑制に焦点をあてて進めるとともに、臨床における多様な医療的要請に合致する薬物の至適投与設計法の構築に、病態モデル動物における薬物動態や薬効評価および臨床データの解析を通じて取り組んでいます。

Keywords

治療薬物モニタリング、PK/PD、腎不全、炎症、向精神薬

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床薬物動態学
合葉哲也
E-mail:taiba okayama-u.ac.jp