歯科薬理学

歯学系

Professor 岡元 邦彰

研究室の紹介

私たちの教室では、がん細胞、破骨細胞、骨芽細胞において、合成されたタンパク質の分泌経路、あるいはタンパク質を取り込み、再利用そして分解する系の小胞輸送に関わるsmall GTPase Rabタンパク質関連分子をターゲットにした創薬と、multivesicular membranes (MVBs)に含まれ、老廃物の排出や、離れた細胞や組織への情報伝達が知られているエクソソームの機能を明らかにし、新規の口腔内腫瘍マーカーを探索し、新規治療法の開発を目指し研究を進めています。

Keywords

細胞内輸送、破骨細胞、がん、Rabタンパク質、エクソソーム

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科薬理学
岡元 邦彰
E-mail:k-oka okayama-u.ac.jp