分子生物学

薬学系

Professor 垣内 力

研究室の紹介

薬の効かなくなった細菌が増加し、新しい感染症治療薬の開発が必要となっています。新しい薬を作るには、実験動物に細菌を感染させ、感染症の分子メカニズムを理解することが必要です。マウスなどの実験動物は倫理面とコスト面の問題があり、多数回の感染実験を行うことが困難でした。昆虫であるカイコはこれらの問題が少なく、ヒトに感染する細菌に感染します。私たちは、カイコを感染モデル動物として用いて、感染症に対する新しい薬を創り出すことを目指して研究を行っています。

Keywords

感染症、カイコ、薬剤耐性菌、自然免疫

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 分子生物学
垣内 力
E-mail:kaito okayama-u.ac.jp