インプラント再生補綴学

歯学系

Professor 窪木拓男

研究室の紹介

当分野は、口腔インプラント治療やそれに関連する形成外科手術、再生医学、デジタル技術を包括的に研究し、新しい技術を臨床現場に積極的に応用することを目的にしています。そのために必要な材料開発、再生医療の応用や、それを臨床現場に応用するための臨床研究を進めています。具体的には、歯の器官としての再生、rhBMP-2を用いた顎骨(骨髄)再生、付着歯肉や歯根膜、象牙質の再生、間葉系幹細胞の免疫制御機構を研究しています。さらに、骨粗鬆症、認知症、顎関節症・口腔顔面痛、睡眠時無呼吸症候群などの医科歯科連携や、補綴装置が介護現場において害とならないための口腔栄養関連サービスについても精力的に取り組んでいます。

Keywords

再生医療、幹細胞生物学、デジタル技術、医科歯科連携、口腔栄養関連サービス

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 インプラント再生補綴学
窪木拓男
E-mail:kuboki md.okayama-u.ac.jp