生体膜生理化学

薬学系

Associate Professor 表 弘志

研究室の紹介

生体膜生理化学研究室ではトランスポーターの輸送メカニズムと生理的役割の解明を目指しています。特にVPAT(ポリアミン)やVGLUT(グルタミン酸)、VNUT(ヌクレオチド)などの小胞型神経伝達物質トランスポーターや、細胞内オルガネラに存在するグルコーストランスポーターの解析に注力しています。生化学、組織化学、生理学および、細胞生物学的な手法でこれらのトランスポーターに迫っていきます。

Keywords

神経伝達物質トランスポーター、グルコーストランスポーター、ポリアミン、化学伝達

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 生体膜生理化学
表 弘志
E-mail:omote-h@okayama-u.ac.jp