薬物動態制御学

薬学系

Professor 檜垣和孝

研究室の紹介

薬が効くためには、飲んだ薬、注射した薬が、血液を介して、適切な時間、適切な濃度で、患部(効いてほしい臓器・組織)へと届くことが必要となります。我々は、薬の物理化学的性質やその体内動態の解析に基づき、より良い投与方法の立案や新規製剤の開発などを通じて「薬物投与の最適化」をはかり、より安全でより高い効果を発揮する「薬剤」の開発、「治療戦略」の立案を目指しています。

Keywords

経口吸収改善、吸収挙動の解析・予測、溶解性改善、Drug delivery system (DDS)、がん治療、EPR(Enhanced permeability and retention)効果、リポソーム

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 薬物動態制御学(生物薬剤学)
檜垣和孝
E-mail:higaki okayama-u.ac.jp