細胞化学

医学系

Professor 欠員中(助教:稲垣純子)

研究室の紹介

私たちはがん細胞の生物学的特性を分子・細胞・動物レベルで分析・理解し、がんの診断や治療法に関する研究を行っています。 近年、ナノ粒子を用いた薬物送達システムにより、がんの診断と治療を同時に可能にするTheranostics技術を用いた新規がん標的医療の研究開発、並びに5-アミノレブリン酸を用いた光線力学技術によるアポトーシス細胞死によってがん細胞のみを選択的に死滅させる治療法の基礎研究に取り組んでいます。

Keywords

がん標的医療、薬物送達システム、光線力学療法、アポトーシス

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 細胞化学
小渕浩嗣
E-mail:hkobuchi md.okayama-u.ac.jp