臨床遺伝子医療学

医学系

Professor 平沢 晃

研究室の紹介

私たちは、「遺伝情報」に基づいた疾患の診断、治療、予防に有用で実践的な遺伝子医療創出のための研究を行なっています。対象疾患はがん、難病、多因子遺伝性疾患、遺伝性腫瘍等です。品質の担保された遺伝情報に必要な臨床検査検体の精度管理法、得られたデータの解析技術、データシェアリングやビッグデータへの貢献、遺伝情報の取り扱いに関する倫理・法的・社会的課題の検討やバイオバンク利活用など、臨床に即した基礎医学から社会医学的アプローチに至る広範な方法論での研究を展開しています。

Keywords

遺伝情報、がん、難病、多因子疾患、遺伝性腫瘍、データシェアリング、予防

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床遺伝子医療学
平沢 晃
E-mail:hir-aki45 okayama-u.ac.jp