消化器・肝臓内科学

医学系

Professor 未定

研究室の紹介

当科では、消化管・胆膵・肝臓といった多くの臓器を対象として、これら臓器に発症する炎症性疾患、腫瘍性疾患の病態解明、早期診断、新規治療の開発をすべく研究に取り組んでいます。最近は、酸化ストレス、腸内細菌、糖鎖、リキッドバイオプシー、遺伝子治療、エクソソーム、microRNA、オルガノイドといったさまざまな観点からの多角的アプローチを進めるとともに、内視鏡やエコー下に採取した貴重な臨床検体も活用し、臨床応用に直結する革新的な知見の創出、発信を目指しています。

Keywords

消化器、炎症性疾患、腫瘍性疾患、早期診断、新規治療

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
E-mail:piuz1nfw okayama-u.ac.jp