膜輸送分子生物学

薬学系

Associate Professor 宮地孝明

研究室の紹介

輸送体(トランスポーター)は伝達物質や薬物・代謝物・ミネラル等の輸送を司どる膜タンパク質であり、体内の恒常性維持に重要です。その機能異常により多くの疾病が発症することが知られていますが、多くのトランスポーターの機能は未だ不明なまま残されています。私たちは、独自のトランスポーターの普遍的な輸送活性評価法を用いて、トランスポーターの新しい輸送機能を同定し、その生理的・病態的役割を明らかにしています。トランスポーターを標的にしたFirst-in-classの創薬を目指しています。

Keywords

輸送体(トランスポーター), 神経伝達, 創薬, 栄養

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 膜輸送分子生物学
宮地孝明
E-mail:miyaji-t okayama-u.ac.jp