整形外科学

医学系

Professor 尾﨑敏文

研究室の紹介

岡山大学大学院整形外科では、骨軟部腫瘍・脊椎・関節リウマチ・外傷・上肢・関節外科・スポーツ・小児整形・リハビリテーションのグループを軸に、最先端の診療・研究活動を推進しています。研究内容は、骨軟部腫瘍の新規診断・治療法の開発、脊髄疾患の病態解明、新規人工素材を用いた骨再生、メカニカルストレスと軟骨代謝、軟骨・靱帯・腱・半月板の生物学的解析、関節炎の病態解析と治療法の開発、新しいインプラントの開発、ナビゲーション・手術支援ロボットの開発、疼痛メカニズムの解明など、多岐に渡ります。

Keywords

新規診断・治療法、軟骨・半月板代謝、新規インプラント、画像・動態解析、手術支援ロボット、疼痛メカニズム

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学
尾﨑敏文
E-mail:tozaki md.okayama-u.ac.jp