腫瘍微小環境学

医学系

Professor 冨樫庸介

研究室の紹介

近年、がん細胞の周辺にある様々な細胞ががん免疫療法などにとって重要であることが明らかになりました。それらは「腫瘍微小環境」と呼ばれ、本質を解明するためには塊ではなく1細胞レベルでの解析が必要です。我々は腫瘍微小環境の1細胞解析に重点を置き、特に実験系だけでなく、臨床検体も生きた状態で解析しています。そこからマウス等で検証し、従来は注目されていなかった分子の発見や腫瘍微小環境の新たな概念を見出しています。

Keywords

腫瘍微小環境、腫瘍免疫、がん免疫療法、トランスレーショナルリサーチ、1細胞解析

担当者連絡先

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍微小環境学
冨樫庸介
E-mail:ytogashi okayama-u.ac.jp